• ホーム
  • 海外ジェネリック製品のカーネステンクリームには副作用があります

海外ジェネリック製品のカーネステンクリームには副作用があります

心配している女性

クロトリマゾールは安全性の高い成分で、使用することで発症する副作用も少ないと言われています。ですが使用する人によって相性が合わず、副作用が現れることもあります。クロトリマゾールは膣カンジダの治療に錠剤として使用されることがありますが、その場合膣内に熱を帯びたり、刺激を感じるなどの症状が報告されています。

塗り薬として皮膚に使用した場合、報告されている主な症状に刺激感や発疹、かゆみと言った皮膚異常があります。塗布した部分に熱を持つ、皮膚がただれる、丘疹(きゅうしん)が出る場合もありますので、副作用が懸念される場合は少しずつ使いながら様子を見ることをおすすめします。副作用とみられる症状が出た場合は、使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

クロトリマゾールを有効成分としたカーネステンクリームにも、似たような副作用が報告されています。副作用は低いとされていますが、カーネステンクリームを使用することにより、皮膚に刺激を感じたり、かゆみやただれ、炎症が起こることがあります。赤い発疹ができる、丘疹が現れることもカーネステンクリームの副作用です。この作用が現れたまま使用し続けると症状が悪化する可能性も考えられますので、気づいた時点で使用を中止しましょう。

症状が現れたらできるだけ早く医師の診察を受けることが望ましいとされています。副作用の症状にもよりますが、専門的な治療を受ける必要がある場合があるからです。人によっては副作用と言われている以外の症状が現れる可能性もあります。使用を開始してから違和感や体調の変化を感じた場合も、医師に相談すると良いでしょう。

安全性の高いカーネステンクリームですが、すべての人が難なく使えるというわけではありません。妊婦や皮膚アレルギーを持つ人は使用に慎重になるよう言われています。該当する場合は自己判断で使用することは控え、必ず事前に医師に相談することをおすすめします。クリームの効果に影響を与える薬もありますので、常用している薬や健康食品、サプリメントがある場合は医師に伝えることが望まれます。その他仕様に際して懸念していることがあれば、事前に相談しアドバイスを受けるようにすると安心です。カーネステンクリームが変質する可能性が考えられるため、高温多湿や直射日光の当たる場所に置くことを避けましょう。長期間の保管には向いていません。使い切りが理想で、余ったクリームは破棄するよう推奨されています。

関連記事
カンジダを放置することは細菌感染症になるリスクがあるものです 2020年04月21日

カンジダは放置しても自然に治癒することがあります。と言ってもこれは軽症である場合で、体の自浄作用の範囲で治すことは可能です。患部に激しいかゆみが生じる、おりものが大量に出るなどの症状が続くようであれば医療機関での治療が必要になります。病院に行くのが面倒くさい、恥ずかしいからと言って市販のクリームなど...

カーネステン膣錠は正しい使い方で使用することが大切になります 2020年05月09日

カーネステン膣錠はクロトリマゾールを有効成分とした錠剤で、カンジダ治療に用いられています。抗真菌作用の高いクロトリマゾールで真菌の増殖の阻害と絵印象の緩和が期待できます。クリームタイプは外陰部や膣の表面などに向いていますが、錠剤タイプは膣の内部に直接使用することで膣カンジダの症状を効果的に改善してい...

海外ジェネリック製品であるカーネステンクリームはカンジダ予防に効果があります 2020年03月15日

カーネステンクリームはカンジダ治療によく使われている、抗真菌薬です。日本ではエンペシドクリームがよく知られていますが、カーネステンクリームはバイエル社が製造しているジェネリックの外用薬になります。カーネステンクリームは、イミダゾール系の抗真菌剤に分類され、有効成分はクロトリマゾールです。クロトリマゾ...

カンジダ予防には食生活改善や下着の見直しなど様々な方法があります 2020年02月29日

カンジダを発症する原因は日常生活にある場合が多いため、予防するにはこれまでの生活を見直すことがポイントになります。真菌の増殖を防ぐため、身につける下着は通気性の良いものを取り入れましょう。通気性の良い素材は綿や絹です。通気性を意識した機能性のある下着も販売されていますので、身につけて心地よいと感じら...