• ホーム
  • 海外ジェネリック製品であるカーネステンクリームはカンジダ予防に効果があります

海外ジェネリック製品であるカーネステンクリームはカンジダ予防に効果があります

病原体

カーネステンクリームはカンジダ治療によく使われている、抗真菌薬です。日本ではエンペシドクリームがよく知られていますが、カーネステンクリームはバイエル社が製造しているジェネリックの外用薬になります。カーネステンクリームは、イミダゾール系の抗真菌剤に分類され、有効成分はクロトリマゾールです。クロトリマゾールは抗真菌の増殖を阻害する働きがあり、カンジダ菌や水虫の原因となる白癬菌を効果的に駆除します。

クロトリマゾールを配合したカーネステンクリームを患部に塗ることで、炎症を抑えかゆみを和らげます。抗真菌作用に優れ、その有効性は90%以上と言われています。再発したカンジダにも効果を発揮するため、カンジダ治療全般に活躍します。使用方法は1日に2~3回、クリームを患部に塗るだけです。カーネステンクリームは主に膣カンジダの治療に使われますが、外陰部や膣などかゆみや発疹が出ている部分に適量塗ります。使用前は患部を清潔にしましょう。使用に適しているタイミングは、入浴後です。入浴後は体が清潔で成分が浸透しやすい状態だからです。水分がついていると効き目が半減しますので、適度に拭き取っておきます。その際強くこすると皮膚に傷が付く恐れがありますので、優しく拭き取るようにしましょう。

クリームを適量手に取り塗布します。患部だけでなくその周辺にも塗布することで、発症を予防することができます。塗布するポイントは、すり込むようにクリームを広げていくことです。カーネステンクリームは塗り続けることで効果を発揮します。最低でも6日間は継続していきましょう。それでも症状が緩和されない場合は、医師に相談することをおすすめします。かゆみや発疹など皮膚の症状改善するカーネステンクリームは、抗真菌作用があるためカンジダ予防に一定の効果があると言えます。ですが口の中や膣の内部に発症したものなどクリームでは対応できない症状もあります。その場合は飲み薬や錠剤と併用する方法になります。併用することで抗真菌作用が高まり、効果的に症状を改善していけるからです。

カンジダは再発を繰り返しやすく、場合によっては頻繁に再発することもあります。カーネステンクリームは使用することで再発の頻度を抑えたり、感染の予防に効果を発揮します。市販クリームを常備しておけば、発症した時にすぐに対処することができます。再発を繰り返すことに悩んでいたら、カーネステンクリームの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事
カンジダを放置することは細菌感染症になるリスクがあるものです 2020年04月21日

カンジダは放置しても自然に治癒することがあります。と言ってもこれは軽症である場合で、体の自浄作用の範囲で治すことは可能です。患部に激しいかゆみが生じる、おりものが大量に出るなどの症状が続くようであれば医療機関での治療が必要になります。病院に行くのが面倒くさい、恥ずかしいからと言って市販のクリームなど...

カーネステン膣錠は正しい使い方で使用することが大切になります 2020年05月09日

カーネステン膣錠はクロトリマゾールを有効成分とした錠剤で、カンジダ治療に用いられています。抗真菌作用の高いクロトリマゾールで真菌の増殖の阻害と絵印象の緩和が期待できます。クリームタイプは外陰部や膣の表面などに向いていますが、錠剤タイプは膣の内部に直接使用することで膣カンジダの症状を効果的に改善してい...

海外ジェネリック製品のカーネステンクリームには副作用があります 2020年04月02日

クロトリマゾールは安全性の高い成分で、使用することで発症する副作用も少ないと言われています。ですが使用する人によって相性が合わず、副作用が現れることもあります。クロトリマゾールは膣カンジダの治療に錠剤として使用されることがありますが、その場合膣内に熱を帯びたり、刺激を感じるなどの症状が報告されていま...

カンジダ予防には食生活改善や下着の見直しなど様々な方法があります 2020年02月29日

カンジダを発症する原因は日常生活にある場合が多いため、予防するにはこれまでの生活を見直すことがポイントになります。真菌の増殖を防ぐため、身につける下着は通気性の良いものを取り入れましょう。通気性の良い素材は綿や絹です。通気性を意識した機能性のある下着も販売されていますので、身につけて心地よいと感じら...