• ホーム
  • カンジダを放置することは細菌感染症になるリスクがあるものです

カンジダを放置することは細菌感染症になるリスクがあるものです

女性を診ている医者

カンジダは放置しても自然に治癒することがあります。と言ってもこれは軽症である場合で、体の自浄作用の範囲で治すことは可能です。患部に激しいかゆみが生じる、おりものが大量に出るなどの症状が続くようであれば医療機関での治療が必要になります。病院に行くのが面倒くさい、恥ずかしいからと言って市販のクリームなどでごまかすことはおすすめできません。放置することでカンジダが慢性化するリスクが高まります。例えば膣カンジダを放置すると、炎症や湿疹が外陰部や膣を中心に広がっていきます。何もしなければ患部はさらに広がり続け、治療が困難になります。放置しても治ったからと言っても、再発しない可能性はどこにもありません。カンジダ菌は常に体内に棲み着いていますし、体調の変化やホルモンのバランスの崩れなど、ちょっとしたきっかけで増殖し、再発を繰り返します。

この感染症の慢性化で最も怖いのは、他の細菌感染症を引き起こすリスクがあるということではないでしょうか。女性の場合膣カンジダによる慢性の炎症が続くと、膣の粘膜が萎縮することで引き起こされる、萎縮性膣炎も頻繁に起こるようになります。治療が難しいほど症状が悪化すると、トリコモナス膣炎といった細菌感染症を併発するリスクが高まるのです。カンジダは発症すると患部はそこだけにとどまらず、体中の組織や血液に侵入し、各部で発症します。全身に広がると皮膚だけにとどまらず、肝臓を始めとする臓器、目や血管などさまざまな場所で炎症や細菌感染症を引き起こし、時には命の危険を伴う病気に発展することもあります。

カンジダ眼炎症は、目に菌が侵入することで引き起こされます。初期症状は目がかすむといったものですが、症状が進行すると視力低下や最悪失明というリスクも出てきます。カンジダ血症は菌が血液に侵入し、感染が全身に広がる状態です。眼炎症を始め骨髄炎などの合併症を引き起こしやすく、死亡率が高いという特徴があります。他の細菌感染症を併発した場合、その治療も行わなければなりませんので、精神的・身体的負担はもちろんですが、通院するために時間を割くことになり、治療のための費用もかさみます。

カンジダは慢性化し完治が難しくなる前に治療することが望まれます。そのためには放置せずに病院やクリニックで検査を受けることです。発症した部位によって診察を受ける科は変わってきますが、皮膚であれば皮膚科、性器であれば産婦人科や泌尿器科、性病科です。

関連記事
カンジダの検査キットは通販サイトから購入が可能になっています 2020年06月24日

性器に異変を感じ、カンジダを疑った時、病院で検査を受けることが最善ですが、恥ずかしい・忙しいなどの理由で検査しないまま過ごしてしまうという人も多いのではないでしょうか。その場合は、市販されている検査キットをおすすめします。検査キットは、自宅にいながらカンジダなどの性病を調べられる簡易方法です。申込み...

カンジダは免疫力の低下やホルモンバランスの異常が原因です 2020年05月28日

カンジダの発症は、免疫力に関係しています。腸内や口内、膣内など体内には多種多様な細菌や雑菌がフローラを形成し、バランスを保ちながら健康を維持しています。免疫力が高いというのは、このバランスが良く取れている状態のことです。免疫力が下がるのは、このバランスが崩れたときです。悪玉菌をコントロールしている常...

カーネステン膣錠は正しい使い方で使用することが大切になります 2020年05月09日

カーネステン膣錠はクロトリマゾールを有効成分とした錠剤で、カンジダ治療に用いられています。抗真菌作用の高いクロトリマゾールで真菌の増殖の阻害と絵印象の緩和が期待できます。クリームタイプは外陰部や膣の表面などに向いていますが、錠剤タイプは膣の内部に直接使用することで膣カンジダの症状を効果的に改善してい...

海外ジェネリック製品のカーネステンクリームには副作用があります 2020年04月02日

クロトリマゾールは安全性の高い成分で、使用することで発症する副作用も少ないと言われています。ですが使用する人によって相性が合わず、副作用が現れることもあります。クロトリマゾールは膣カンジダの治療に錠剤として使用されることがありますが、その場合膣内に熱を帯びたり、刺激を感じるなどの症状が報告されていま...

海外ジェネリック製品であるカーネステンクリームはカンジダ予防に効果があります 2020年03月15日

カーネステンクリームはカンジダ治療によく使われている、抗真菌薬です。日本ではエンペシドクリームがよく知られていますが、カーネステンクリームはバイエル社が製造しているジェネリックの外用薬になります。カーネステンクリームは、イミダゾール系の抗真菌剤に分類され、有効成分はクロトリマゾールです。クロトリマゾ...